CSS Nite in Aomori, vol.12 フォローアップ – (3)益子 貴寛さん

2019年10月5日(土)に開催したCSS Nite in Aomori, vol.12「令和時代のウェブ制作トレンド」のフォローアップとして、益子 貴寛さん(まぼろし)の『Web制作現場の働き方とワークフローが変わる Adobe XD活用法』セッションのスライドなどを公開します。
※フォローアップメッセージは、イベント開催直後(2019年10月)の時点のものです。

CSS Nite ベスト・セッション 2019 ベスト10セッション
CSS Nite ベスト・セッション 2019「ベスト10セッション」に選出されました。

Web制作現場の働き方とワークフローが変わる Adobe XD活用法
益子 貴寛(まぼろし)

メッセージ

益子 貴寛セッション3「Web制作現場の働き方とワークフローが変わる Adobe XD活用法」を担当した益子貴寛です。

Adobe XDは、Creative Cloudを使っていない人も、まずは無料(スタータープラン)で使えます。以下の公式ページからダウンロードできますので、ぜひ使ってみてください。
https://www.adobe.com/jp/products/xd.html

アンケートに「PhotoshopやIllustratorとの連携は?」という質問がありましたので、お答えします。

本編でも少し触れましたが、PhotoshopやIllustratorはパーツ制作(写真の加工、ロゴやイラストの制作など)に使い、デザインとしてフィニッシュさせるツールとしてはXDを使う、という流れで進めています。

これまで作ったPhotoshopのPSD、IllustratorのAIも、かなりの再現性でXDで読み込めます。過去の資産がムダにならないという点も、乗り換えに消極的な人への説得材料になると思います。

コーダーにXDファイルを渡す際は、オブジェクトグループ、それぞれのレイヤーの順序、レイヤー名などをわかりやすく整理してから渡してあげると、コーディングに着手しやすいと思います(特に、画像の書き出しを想定した名前にしてあげるなど)。

HTMLとCSSを書き出すプラグインもあるのですが、現状はイマイチです。将来、XDがネイティブでサポートするかもしれませんので、期待して待ちましょう。

XDのマンスリーアップデートについては、以下のページにまとめられています。たまにチェックしましょう。
https://www.adobe.com/jp/products/xd/features.html

ディレクターはもちろん、マーケターや営業の人も、XDのようなクリエイティブツールを使えるようになることは、きっと自分の資産になるはず。ビジネスとデザインが密接不可分になり、「デザイン経営」という言葉さえ聞かれる今、ためらう理由はないはずです。

 

Twitter

当日のツイートは以下にまとめました。
CSS Nite in Aomori, vol.12「令和時代のウェブ制作トレンド」 – Togetter